ちょっとした工夫でゴミを簡単分別!

>

ゴミと資源と地球環境

どんな種類のダストボックスがあるの?

ゴミの分別は普段当たり前にやっている事ですが、実はこの意識はとても重要です。人によってはまだ分別の意識が無く、適当にゴミを捨てている家庭もあります。意識する事はリサイクルの第一歩ですが分別方法が分からなかったり、つい忘れてしまったりするケースもあります。
そんな方におすすめなのが、分別しやすい様に開発されたダストボックスです。普通のダストボックスとは違ったユニークに形をしているので、インテリアとしても使えますし実用性もあるのも大きな強みです。
小さなお子さんにも直感的に分かる様な形をしているので、楽しみながら分別が出来ます。収納を考えて省スペースになっているダストボックスもあるので、一人暮らしにも安心です。

DIYでダストボックスを作ってみよう

いくつかダストボックスを見ているけれど、ピンとくるものが無い。そんな時は思いきってDIYしてみませんか?ダストボックス自体、難易度は高くありませんし手慣れた方なら3時間程度で作る事が出来ます。
簡単なダストボックスといえばマルチ収納ケースを使う事です。引き出しタイプになっているので、中が見える事はありませんしシンプルな形なので分別するゴミの種類を書いておけば立派なダストボックスになります。キッチンのデッドスペースにも置けるのでとても便利です。
イチからDIYしたい場合は木箱を使って自分好みにカスタママイズしてみましょう。ダストボックスというよりはインテリアを意識して作ると、オシャレに仕上がりますし部屋を明るく見せてくれます。


この記事をシェアする